中学受験の情報が満載!

当日の防寒対策は万全に

当日の防寒対策は万全に 中学受験の受験日当日に注意しなければならないのが、防寒対策を万全にすることです。受験シーズンは冬なので中学受験の受験日に雪が降る可能性もあります。受験が始まるのは午前中の朝の時間帯がほとんどです。受験生が多いため試験場まで車で送迎できるケースはほとんどありません。だいたいが電車やバスで行くことになるか、試験場の近くまで車で送ってもらって歩きになるかのどちらかです。

試験場に暖房設備などが整っている場合もありますが、朝早くなのであまり部屋の中が暖まっていない場合もありますし、会場が広い場合は足元から冷えて来ます。試験中に体調を崩してしまうこともあります。寒さで手がかじかんで思うように試験に集中できなかったということがないように、防寒対策を万全にしておきましょう。足元は長い防寒性の高いタイツを履いたり、靴下を履いたりすると良いです。ポケットにカイロを一つ入れておいてそれで手を温めても良いでしょう。保温機能のついた水筒に温かい飲み物を入れて持って行くのも良いです。防寒グッズなども手ごろに購入できるので、万全な対策をして試験に臨みましょう。

中学受験当日に忘れがちだけれどマストな行動

中学受験当日に忘れがちだけれどマストな行動 中学受験は子どもにとっては、これまでになく緊張を感じることであるはずです。そのため出来るだけ緊張しないよう、普段の実力を発揮することが出来るように、中学受験当日にマストにしておきたい行動があります。受験場所には時間に余裕を持って到着しておく、忘れ物が無いかチェックするということは言うまでもありません。そして忘れがちなのが、起床時間に気を付けるということです。

起床後すぐに万全の状態で試験に臨めるかといったらそうではないでしょう。大人でも起きたばかりはしばらくは頭がぼーっとしたような感じの人は多いように、子どもも起床後あまり時間が経過していない状態で試験を受けるのは避けた方が良いに決まっています。最低でも試験時間の3時間前には起床して、朝食や排泄を済ませるなど、時間に余裕を持って朝の時間を過ごすことが非常に重要です。試験前夜は緊張して眠ることが出来なかったということがないよう、睡眠と起床時間はしっかりと管理してあげることが必要になります。