中学受験の情報が満載!

親子関係が悪化することが多い

親子関係が悪化することが多い 中学受験が本格的になるのは小学校5年生ほどになります。この時期の子どもは反抗期や思春期に入り始めており、いつもならばイライラしないことであっても口調が荒くなってしまったり、家族に八つ当たりをしたりすることが増えてきます。
中学受験に際しての不安もあり、本当にこのような勉強をしていてよいのか、ほかの友達はもっと勉強しているのではないか、と思うことも多く自然と集中できなくなってきます。このようなイライラは母親に向くことが一般的で、言葉が荒くなるので親子関係が悪化することは大変多いです。受験を控えたころは反抗期や思春期に入るころであると早めに親が理解をしていないと、突然の豹変ぶりに戸惑ってしまい、必要以上にしかったりあるいは泣いたりしてさらに子どもを追い込んでしまいます。子ども自身自分の感情をコントロールできず、戸惑っている段階であり、この時期に親に責められると、どうしてわかってもらえないのだろうと感じ受験に集中することができません。親子関係が悪くなってきたらある程度の距離を保つことが大切です。

大切なのはメンタルと親子関係

大切なのはメンタルと親子関係 中学受験を受けるのは当然お子さんですが、一人だけで戦っているわけではありません。親御さんも含めた家族での受験だと考えて、その環境を整えてあげることが重要です。なかには親御さんに言われたから受験を決めて、自分は中学受験をそんなにこだわっていない生徒もいるでしょう。そんなときメンタル面を支えるために大切なのが親子関係です。
厳しく言いつけることだけではなく、応援する気持ちでお子さんが勉強しやすい状態まで持っていく姿勢が大事です。ときには変わって質問に答えてあげたり、問題を作ってあげる姿勢も大切です。お子さんが一番信頼しているのは当然親御さんですから、その期待を裏切らないように一緒に戦う必要があります。同じ時間を共に過ごすことで合格したときの喜びも一生に味わうことができます。後から後悔しないためには、夏から秋のいちばん大切な時期に一緒にスケジュールを立てて、家族全員で努力して合格するしかありません。